少子高齢児童虐待国と言われそうな今の日本。国連が勧告!!

f:id:k130123:20190223182425j:plain

日本は虐待後進国! 児童相談所は慢性的な人手不足なのが現状

連日の悲しいニュースに、とても胸が痛みます。

実の親に殺められてしまう子ども達がこの日本にいる事。

とても信じられず、正直、理解できません。

社会環境が悪いのか、単なる家庭環境に問題があるのか

それとも、児童福祉法児童虐待防止法

きちんと機能していないのか・・・

正直、児童虐待の記事は書きづらいものです。

やはり子どもが犠牲になる記事は・・・

■□■□■□■□■□

児童虐待の定義

児童虐待は4種類に分類されています。

身体的虐待

殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる

溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束する。

性的虐待

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる

ポルノグラフィの被写体にする。

ネグレクト

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする

自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない

心理的虐待

言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い

子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(DV)

引用元:厚生労働省

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/dv/about.html

児童福祉法33条「一時保護」

世界でも類をみない職権がある児童相談所

裁判所の令状や親の同意がなくとも、子どもを親元から強制的に引き離し

保護する権限、それが「一時保護」です。

とてもすばらしい権利だと思うのですが

一時保護の期間は2ヶ月を超えてはならないともなっています。

※ 一部例外も有り

後は、家庭裁判所の方で親権を一時停止

または、親権喪失などの制度も一緒に機能しなければ

結果、虐待親の元へ逆戻りです。

子どもにとっては、地獄絵図そのものです。

現に、「一時保護」された子どもが亡くなるケースが

とても多いのも事実です。

□ 親権

児童の虐待問題でクローズアップされているのが

離婚後の親権問題です。

日本の民法では、離婚後は単独親権となっているので

それにより虐待の発見が遅れている可能性が指摘されています。

児童相談所の民営化

児童相談所の慢性的な人手不足も児童虐待を防ぎきれない

要因となっているようです。

組織は専門職から構成されており、児童福祉司

とても高度な職業で、慢性的な人手不足となっています。

民間児童相談所と言われている

児童家庭支援センターは全国に123センターあります。

ちなみに、民間委託刑務所と言われている

社会復帰促進センターは現在5ヵ所あります。

□ まとめ

年間、350人以上の児童が虐待で命を落としています。

大まかに言えば、一日に1人の計算です。

道理で、連日々、虐待のニュースが流れてくるはずです。

一体、何人の子ども達が犠牲になれば政府が対策を

施してくれるのでしょうか・・・

また、児童虐待の日本での刑罰は10年以下(平均5~7年)で

これがアメリカならば終身刑もありえるのです。

ちなみに、児童虐待防止法が制定されたのは

1933年(昭和8年)です。

--

written by tenten616(CW)

かりるーむ株式会社(cariroom)

TEL090-8487-4851(鈴木)

TOP http://cari.jp/

空室一覧 http://cari.jp/room/

記事一覧 http://cari.blog.enjoy.jp/

検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/