退職代行サービス、あなたは会社に『辞める』と言えますか

f:id:k130123:20190118124829j:plain

今すぐ辞めたいを、即日対応 退職の意向を本人に代わって伝えてくれる

昨今は「会社休みます」又は「ちょっと遅れます」など

欠勤、遅刻などの連絡をメールやLINEで

済ませようとする従業員が増えているそうです

電話の一本も掛けられないものなのかな~?とも思えますが

それが今の時代と言われれば、納得するしかありません・・・

そんな事に驚いている間に「今日で会社辞めます」が

代行業者によって会社側に告げられる時代になっているようです

さすがにこれには会社側もさぞや驚く事でしょう

が、利用者が急増しているのも事実です

そんな退職代行サービスについて、ちょっと深堀したいと思います

■□■□■□■□■□

□ 退職代行サービスとは

退職を希望している正社員、契約社員派遣社員

アルバイト、パートの代わりに退職の意向を

本人に代わって代行してくれるサービスです

よって、本人は会社(人事)に出向く事なく円満に退職を遂行できます

□ どんな人が利用するのか

・会社側に辞める意思を伝えられない

・退職を拒否されてしまった

・すでに転職が決まっている

・残業が過労死ライン(1日4時間以上)

ブラック企業に勤めてしまった

・上司・同僚からのパワハラに悩んでいる

□ 退職代行サービス業者

費用は平均3万円~10万円位が

相場となっているようです

また、ほとんどの業者が即日対応となっていて

退職後のサポートをしてくれる業者もあるようです

≫≫代行業者(ほんの一例)

◎ SARABA(さらば)

担当  行政書士

費用  30000円

◎ EXIT(イグジット)

担当  顧問弁護士から指導を受けた担当者

費用  50000円

◎ 退職代行コンシェルジュ

担当  顧問弁護士から指導を受けた労務コンサルタント

費用  40000円~50000円

◎ 弁護士事務所

担当  弁護士

費用  60000円~10万円

□ まとめ

人は生涯、約3万人の人と出会うと言われています

また出会いは縁だとも言います

仕事(職場)を人間の縁に例えるのは

おかしいのかもしれませんが、何かしらの縁があったからこそ

たどり着いた場所なのではないかと思います

縁をばっさり切るドライな世の中になっているようで、ちょっぴり怖くも感じます

“ニーズのあるところに、ビジネスは生まれる”

確かに、ビジネスとしては成立しているようです

また、ニーズの高まりの裏には転職の増加があるようです

民法第627条】

1. 当事者が雇用の期間を定めなかったときは

 各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる

 この場合において、雇用は、解約の申入れの日から

 二週間を経過することによって終了する

--

written by tenten616(CW)

かりるーむ株式会社(cariroom)

TEL090-8487-4851(鈴木)

TOP http://cari.jp/

空室一覧 http://cari.jp/room/

記事一覧 http://cari.blog.enjoy.jp/

検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/