シアトル・マリナーズ、ラスト登板の岩隈久志投手の感動の始球式

捕手役を務めたのはイチロー 2人の日本人が球界ファンにサプライズ

今季限りでシアトル・マリナーズを退団する岩隈投手

9月26日(日本時間27日)異例中の異例のできごとが起こりました

まだ在籍している球団で、しかも現役を引退するわけでない岩隈投手が

マウンドで始球式を行い、しかも捕手は今季シアトルマリナーズ

会長付特別補佐で復帰したイチローでした

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

岩隈久志(37)

2000年~2004年

大阪近鉄バファローズ

2005 年

オリックス・バファローズ

2005年~2011年

東北楽天ゴールデンイーグルス

2012年~シアトル・マリナーズ

     シアトル・マリナーズを今季で退団

2015年にはノーヒットノーランを達成しました

2017年秋に右肩の手術を受け、今季は球団とマイナー契約を結び

メジャー復帰を目指していましたが

7年間在籍したシアトル・マリナーズのユニフォームを、今季で脱ぐ事となりました

来季からは、日本球界を含めた移籍先を探し現役を続行するとの事です

今後の岩隈投手にも注目です^^

イチロー(44)

1992年~2000年

オリックス・ブルーウェーブ

2001年~2012年

シアトル・マリナーズ

2012年~2014年

ニューヨーク・ヤンキース

2015年~2017年 マイアミ・マーリンズ

2018年~シアトル・マリナーズ 【契約期間は1年】

マイアミ・マーリンズからFAとなり

44歳のイチローは古巣のシアトル・マリナーズ

会長付特別補佐として契約を交わしました

それは、異例中の異例の契約でした

背番号はもちろん「51」です

□ まとめ

マリナーズVSアスレチックス戦で始球式を行った岩隈投手

その後、イチローとマウンドで抱き合う姿は

メジャーファンだけではなく日本人の私達にとって

感動と喜びを与えてくれました

また、イチロー選手をただ戦力外勧告するのではなく

会長付特別補佐として迎えたシアトル・マリナーズ

試合に出る事もベンチに入る事もできませんが

シアトル・マリナーズのユニホームを着て

練習ができる環境そのものが

イチロー選手にとって大切な事なのかもしれません

また、そんな暖かな球団だからこそ

多くのファンや選手から

愛される球団なのかもしれません

シアトル・マリナーズ(Seattle Mariners “SEA”)

本拠地 ワシントン州シアトル(Washington State Seattle)

ホーム球場 セーフコ・フィールド(Safeco Field)

シアトル・マリナーズに入団した日本人≫

1996年 マック鈴木

2000年 佐々木主浩

2001年 イチロー

2012年 川崎宗則岩隈久志

--

written by tenten616(CW)

かりるーむ株式会社(cariroom)

TEL090-8487-4851(鈴木)

TOP http://cari.jp/

空室一覧 http://cari.jp/room/

記事ランキング http://cari.blog.enjoy.jp/

検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/

記事ライター募集 http://cari.jp/wk/data/writer/